雪が降るような寒い日にトリシティに乗ってみた

滑るかもしれない路面をバイクで走ってみました。

雪が降り続くこんな日に別府まで行けと?

バイクショップにはナンバーの登録なんていうお仕事もあります。

先日急に、雪の舞う中、別府市役所まで行く用事ができました。

何に乗っていこうかと思ったのですが・・

こんな日にバイクならやっぱりこれ。

前輪がふたつある「トリシティ155」。

これを使って行ってみることにしました!

様々な条件でトリシティの良さを探る!

大分~別府は市街地もあり、
別大国道のような流れの良い道路ありで、

いろいろな条件で走れますので、
「LMW」を実用で試してみるにはちょうどよいルートですね。

別府までのおつかいを兼ねてですが、ちょっとご紹介します!

さっ、寒い!

しかしこの日は写真のように雪。
用事がある時に限ってこんな天気とは・・

まさに別大国道は吹雪でした。
メットのシールドに雪が積もる積もる。

メーターに付属している温度計では4℃をさしています。

日豊線を走る列車も寒そうですね。

コスト第一のスクーターだからLMWの構造があう

3輪は2輪の同クラスと比べると
価格も少しお高くなりますし

3輪に「あまり必要性を感じない」、という声も多く伺います。

でもですね。125~155クラスのスクーターは車体がシンプルすぎて、
乗り心地もよくない感がどうしてもでてしまうのです。

トリシティには、車体の安定感があって

しっかりしたフレームに、本格的なサスペンションが装備されている
大型バイクなどと似た落ち着いてます。

「スパッ」といきなりフロントをすくわれそうな頼りなさがないのです。

スクーターらしからぬ安心感

よく大きい排気量のバイク乗りが「スクーターは怖い」

という方がいらっしゃいます。

でもトリシティの安心感はそんな方にも受け入れやすいのではないでしょうか。

写真は、坂を上り切った「金谷迫(かなやさこ)」の付近ですが、

雪が降るような気温の低い時は、

こういう峠の周辺はタイヤのグリップに

不安を覚えるものですが

そういう時こそ3輪(LMW)の安心感が際立ちます。

雨の日も風の日も、ひたすら通勤はバイク・・という方には
3輪は逆にすごくおすすめできます。

狭いところも実はスイスイ

こちらは「別府市街」の様子。別府のシンボル、別府タワーが見えますよ。

3輪だから、「すり抜け」なんかはできないでしょ、とよく言われますが
(やっていいかどうかは置いておいて)実はそんなことないようです。

幅自体はスクーターより幅広ですが、
ハンドル幅で比較するとほとんど同じ。

なので「前の2輪が通ってしまえば」、リアはバイク同様1輪ですから
内輪差でひっかけてしまうことはないです。

初心者でも最適なブレーキが簡単に

またトリシティは

前後連動ブレーキ(CBS)を装備、

うっかり急ブレーキをかける場面、
後ろブレーキさえ握れば前も同時に効くしくみなので

運転テクニックに関係なく誰でも

最小限の距離で止まれる。

これもトリシティの強みなんですよね。

ガッタガタの道でも穏やか

さて雪もやんで「大道(おおみち)」まで戻ってきました。

通常のスクーターは小径ホイールの上、

サスペンションが短く性能も低いので

写真のような凸凹では、

はねてしまって乗り心地が悪い。

でも、トリシティは

こんな路面こそ良さが際立ち、
前輪がピタッと地面についたかのような、しなやかな印象です。

ループ状のカーブも得意

また公道では、回り込んでいる

複合カーブも多いのですが

2輪だと、ちょっとあわせにくいところも

LMWならそのままバイクを

ぐいぐい傾けたまま回っていける。

だから2輪以上に「もうひと曲がり」の

小回りが利く感じなんですよね。

下り坂

荷重のかかる下り坂での安定感は
LMWならではの特徴のひとつです。

特に125CC前後の排気量のバイクだと

写真の「旭町付近」のように

急な下り坂のカーブでは
ちょっとこころもとないと感じますが

LMWはタイヤが

地面をとらえる感があって
バイクらしからぬ安定感なのです。

結論としてトリシティは、

雪が降る日であっても、ひたすらバイクで

移動しなくてはならない人にとって、
非常に頼りがいのある移動手段だと言えるでしょう。

実用的に使われるスクーターは
コストダウンされた車体ゆえ、

どうしても安定感にかけがちですが

3輪のトリシティの構造なら、

毎日安心して乗れそうですし、

結果、長持ちするような気がするのです。

今日のような雪の日は、

正直バイクでは移動したくないのですが
(寒さはともかく)楽しく走ることができました。

このように安全な移動手段であるLMW、
もっと広まって乗る人が増えればなんて思いました!