• ブログ

中古車買う前のYSPスペシャルローンという選択肢

社長 河野
更新日

中古 or 新車。どっちを選ぶべきか。

趣味だからこそ、使えるお金にも限りがある。ね。

オートバイを購入する時に、気になるのが”お金”。手持ちの予算で買えるものはないかと、安い”中古車”を探すことはよくあること。バイク雑誌や中古雑誌を見ても基本書いてあるのは価格だけ、でも大事なのはそこだけではないのです。ちゃんとしたバイクを手に入れておかないと逆に、あとでお金がかかるからなのです。

バイクの調子を維持し続けるのも、けっこう大変。

中古は誰かが乗って、ある程度消耗した後のものですから、購入後にも状態を維持するとなれば、費用もそれなりにかさむかもしれません。新車並みに新しいものならまだしも、メーカー保証が切れている年式のバイクは、元来そういう性質のものであるともいえます。

中古とは、安いのは不安、安心なものは高い。

こなれた値段の物件には、持病が隠れていることも。

中古車は、人間の年齢で言えば”中年以上”。買うものがよほど新しいものでなければ、なにかしらの”持病”を患っていることも多いのです。そうなればバイクと一緒に故障まで買ったことになるかも。安いのにはそれなりの理由がある場合も考えられます。つまり良い買い物だったかどうかは購入価格だけでは、はっきり判断できないということです。

安心できる良質な中古車は、希少ゆえに手に入れにくい。

逆に新しい中古車は、すごく高い印象がありませんか? その理由は、4輪に比べバイクは数が圧倒的に少ないので、中古相場が高騰しているから。安心できるものを中古で探すとなれば難しく、むしろ”新車”のほうが安く感じることすらあるかもしれません。

 新車で半分だけ払う、という逆転の発想。

中古車が高騰してるからこそ、このプランが成立する。

そんな中古車の高騰を逆手にとったのが”YSPスペシャルローン(残価設定ローン)”。通称Yローンです。これはバイクの代金のうち、半分を据え置くローン。残りの半分は2年(もしくは3年)で分割して払うので、月々の支払額を、通常の半分程度におさえることができるのです。このように支払いが少なくおさえられるのが最大の強みです。

残り半分もあるのに相殺が成立するのも、中古が高騰しているから。

残りは、2年もしくは3年後に、購入したYSPで返却すれば相殺してくれるのでそこで支払いを消せます。返却時のバイクの価値、中古車としての査定額が担保になり、それをもって終わらせることができるというわけです。それが可能なのも中古の高騰があるからともいえます。

Yローンは負担が少ない、なのに安心は大きい。

中古車並みの支払いでも、保証ある最新の新車が買える。

月々の支払い額は中古車を”普通のローンで買ったとき”と同じくらいの額になります。でもバイクが新車なのだから、まず故障の心配がない。新車だから3年間のメーカー保証がついているところも中古車とは安心が違います。支払い額はあまり変わらないけど、メーカーが保証してくれている安心感は格段に違うはずです。

オイル交換/点検が付属。維持管理費のやりくりが楽。

しかも当店では、このスペシャルローン(残価設定)をご利用の方に、”オイル交換”と”定期点検”を4~5回分プレゼント。つまりメンテナンスの基本料金がそこに含まれることになるのです。その上、”無制限のロードサービス”が、スペシャルローン利用期間中の3年間すべてに付属。日本中どこで止まってもレッカーしてくれます。もちろんバイクはオーナーのものですが、維持管理という点では、分割払いというよりリースやレンタルに近い安心感が得られます。

結末はひとつじゃない。様々な選択の余地。

やっぱり手放したくない・・そんなことだってきっとあるはず。

返却できることがこのプランのメリット、2年~3年ほどたつとバイクにも傷みが見え始めます。そこでYローンは乗り換えができるので、良い状態でいつも乗る事ができます。でもバイクに愛着が湧いてしまい、本当に手放せなくなったのであれば、ローン継続の手続きで自分のものにしてしまうこともできます。それは、期間が終了する半年前までに、ゆっくりと決めればよいのです。

そんなYSPスペシャルローンはYSPだけ。

このスペシャルローン(残価設定型)Yローン。うまく使えばすごく便利なしくみです。いちおう返却もあるかも・・ということで、結果的にバイクがきちんと整備され、安全なバイクライフにつながるので、あえてYローンを選ぶという選択もあるのではないでしょうか。気になってきたという方は、リンクからくわしくご覧いただくか、当店スタッフまでお気軽にお問合せください!

スペシャルローン(残価設定型)