• キャンペーン

【YZF-R1】購入で「GBレーシングスライダー」&「ETC」がもらえる!

社長河野
更新日

YZF-R1購入でGBレーシングスライダーとETC2.0おまけでもらえる

最近の大排気量スーパースポーツはレースでのハイレベルな走りはもちろんその引き締まったスポーティーな外観からもその実力の一端が理解できるのではないだろうかしかしその引き換えに価格は高い驚くほどに高いすでに我々がおいそれと買える価格帯のバイクではなくなってしまったともいえる

とはいえ我々もバイク乗りを名乗る以上はそんなスーパーマシンも一度は所有してみたいもの乗りこなせる人はもちろんだが乗りこなせなくともきっと所有しているだけでも満足できるであろう

そんな様子が目に浮かぶようなヤマハの誇るYZF-R1もスーパースポーツのひとつであるR1そのもので走らせる鈴鹿8耐における4連覇またヤマハのMotoGPなどの活躍をみてもその実力は世界で認められてしかるべきといえる

実はいつの時期でも買えるものではない

・・ところがこのバイク海外からの逆輸入でしか現時点で手に入らないため実はバイク販売店は一年中自由に仕入れができない春の陽気から急に欲しくなった人がR1ないですかと聞いてくる事は多いのだが

しかしそれも冬物のジャケットを春になってから探すようなもので時すでに遅しなのである販売する側からしてもこれだけ高額なバイクを何台も仕入れるわけにはいかず予約がない状態ではおいそれと何台も仕入れることはできないのだ逆輸入モデルを買うには段取りが重要なのである

ゆえにこのような逆輸入バイクを手に入れるなら事前に年間収支の計画をたて盤石の予算組を確保しつつ事にあたるのがベストだろうつまり今からなら来年モデルを狙うのがセオリーだといえる

そんなR1実はYSP大分に1台ある

ところがであるYSP大分には現在YZF-R1 2019年モデルのブルーが今新しいオーナーを待っているなぜかといえば入荷時期が遅れて先日入ってきたばかりだからである逆にこれは急に思い立った人なら色の好みが許せばチャンスだろう

R1は令和1年?

ヤマハファクトリーと同系列の青/黒カラ-はまさに2019年を表すのにふさわしいついでにいえばR1は変わったばかりの元号「R1≒令和1年を表現しているともいえまさに今年はR1の年と言ってもよいのではないだろうか

ふたつのプレゼント

そんな令和を記念してというわけでないが鈴鹿8耐の4連覇を記念してという名目でこのR1には販売元のプレストコーポレーションからうれしいオマケが付いているそれも2つもである

ETC Ver2.0がもらえる!

まずひとつめはこちらのETC」。しかも上級バージョンとなるVer2.0であるETCはエリア限定定額乗り放題が今年も実施されているため特にR1のようなバイクには必須の装備であるともいえるだろうただしセットアップ料金取り付け工賃は別途必要なので注意していただきたい

GBレーシング スライダーキット

もうひとつが「GBレーシングのスライダーキット一般的なバイクはコーン型のスライダーやエンジンガードを装着するがR1のような本気のスーパースポーツがサーキットを走った場合路面と接触して転倒につながったりする恐れもあるそこでこのエンジンをカバーするタイプのスライダーが必要となるのである

この最高の季節の5月に即納ができる

そんな本気仕様のスライダーが3か所分セットそれにくわえてETC車載器までもらえるというのは車体の高額さを差し引いてもまずまずお得な話ではないだろうかこの車両は登録にむけて既に予備検査を取得済みなので納車まではさほど時間もかからないぜひお早めに問い合わせてほしい

 

YZF-R1 車両価格 2100000円税抜

 

 

タイヤはブリヂストンRS10

 

クイックシフトを装備

 

スイングアームにもR1の文字が

 

フロントフォークはアジャスターのついたKYB製

 

サイドがブラックなのは2019年カラーの特徴

左側スイッチにはモード切替スイッチ

 

右側にダイヤル式スイッチ

特徴的なリアカウル