• 中古車

なんと【ナイケン】の中古車が、YSP大分に早くも入荷!。

社長 河野
更新日

中古に同じものはふたつとない。

実は中古品ほど、扱いの難しい商品はないのではないかと思う。というのは、仮に年式まで同じものであったにしても、新品でない以上、ひとつひとつ経歴がすべて違うものだからだ。

購入する時は、つい価格を基準に選んでしまいがちだが、それは少し危険な賭けとなる場合がある。

バイクであれば、バイクショップに支払う費用とは別に、その後の維持管理費用も考慮する必要がある。それまで計算にいれたものが本当の購入価格となるわけだ。

なのでちょっと年式の落ちるものになれば、乗り出してからの整備費用もけっこう負担が大きいことがある。ひどい場合は乗る時間より、修理に入っているほうが長いなんてこともあるだろう。
 
逆に程度のよいバイクなら当初の購入費用こそ高いものの、その後の管理費用はさほどでもない。だからトータルの費用としては、それなりに抑えられる傾向にある。
いずれにしろ中古車は、新車と同じではない。それを頭にいれておかないと思わぬ痛手を負うことになる。それゆえ、ユーザーには目利きが求められるのと、購入するショップへの信頼も欠かせない。
 

YSPに試乗車あがりの物件が多い理由

さてYSPも中古車を扱っている。この手の専門ディーラーが比較的よく持っているのが、試乗車あがりの物件である。
 
新型車を販促するために、必ず試乗車を置かなくてはいけない契約をさせられているからだ。

ついにあのナイケンも中古車で登場

そんな試乗車あがりで、極上の中古車が急に入ってきたので紹介したいと思う。こちらの「ナイケン」である。
 
斎藤工がTVCMで宣伝していたあのバイクといえばもう説明は必要ないかもしれない。前輪2輪のLMWと呼ばれる構造により、前輪の絶大な安定感が特徴のバイクである。
例えば高速道路の入り口や出口でループ状のカーブがよくあるが、ああいう場面でもしっかりと接地感があり、むしろ楽しく乗れるのである。この点、もはやバイクを超えている。
 
さらに長距離ではライダーの疲労を抑えてくれるから、ツアラーとしてのポテンシャルも高いとみた。
 
聞けば、ホンダでも今後こういう3輪モデルを企画しているようなので、これからの時代には増えていく乗り物なのかもしれない。
この物件の価格については、このホームページの中古車コーナーで確認してほしい。車検が残っているので、納車も比較的速い。それもこの物件ならではだ。
 
というのもナイケンは新車が受注生産のため、今注文しても届くのは3ヶ月先となるからだ。
 
しかしこの車両ならそれほどまたず、すぐに乗れるぞ。梅雨に入る前に独特の乗り味を楽しんでみてはどうだろう。
 

新車販売が多いからこそ中古も集まる。

さてYSP大分には、試乗車あがりでなくとも、わりあい状態のよい中古車が揃う。それにも理由がある。新車をメインに扱っているからだ。
 
新車を販売すれば、おのずからそれを下取り、買取する機会が増える。それゆえ中古車もよいものが多く揃いやすいのである。
ただし、中古を主な商品としていないため、オークションなどから積極的に仕入れることがない。ゆえに品数としては中古が主体のお店よりも少なめだ。
 
予算があうのなら新車もお勧めしたいところではあるが、条件のよい中古車を探すつもりなら、一度YSPに足を運んでみても損はないと思う。
 
いずれにしろ、中古であれ新車であれ、長く使える気に入ったものをぜひ手に入れてほしい。