• メンテナンス

FZ1 FAZER GTの車検整備

店長 衛藤
更新日

FAZER GTの車検入れて頂きました

ハーフカウルのFZ-1にワイズギア製のフルカウルキットを装着して発売された

FZ-1 FAZERGT

当時、快適装備としてフルカウルとロングスクリーン、そして元々FZ-1には装着されてなかったヘルメットホルダーが装備された快適性と実用性を向上させたモデルです。

今回、オーナー様から新車で購入後3度目の車検を、ご依頼頂きました。

では、早速作業に取り掛かります。

間もなく走行距離が2万キロになるので、プラグ・エアーエレメント・オイルなどの

消耗品交換と、スロットルボディーの清掃。

カウルやタンクなどの外装を外し作業しやすくしていきます。

FZ-1はプラグを交換するのにラジエターを取り外す必要がある為、クーラントも抜いてしまいます。

ちなみにダイレクトイグニションコイルが、この位置に見えますが手の入る隙間はありません。

ラジエターを取り外すと、やっと交換作業が出来るのですが、ここまでに結構時間がかかってしまい、大変な作業なんです。

プラグを交換したら、ラジエターを取付けて終了。

次に、スロットルボディーの清掃。

エアクリーナー側から見ると汚れてる様には見えませんが⇩

反対のエンジン側は、かなり汚れてしまってます⇩

キャブレターであればキャブクリーナーを吹き込み、汚れが浮いてから掃除していくのですが、スロットルボディーの清掃にキャブクリーナーはダメとサービスマニュアルに記載されてるので、パーツクリーナーで汚れを落としていきますが⇩

さすがにキレイには落とせないので、綿棒を使いキズをつけない様に地道に掃除していきます。

30~40分ほどかかって、ここまでキレイにしました⇩

落ちた汚れです⇩

スロットルボディーが汚れていると排ガスの数値も悪くなったり、アイドリングが安定しなくなるなどの症状が出てしまうので、走行距離が伸びてきたら清掃した方がいいです。

そしてエアーエレメントも交換。

エレメントは外からの空気を吸い込むだけでなく、エンジン内部のブロパイガスもエアクリーナーに吸い込ませてる為、確実に汚れてます⇩

新品に交換⇩

そして、ブレーキオイルも交換します。

前回の車検で交換をしてますが、さすがに2年経つと黒く変色⇩

交換後がこちら⇩

ちゃんとマスターシリンダーの底が確認できるぐらいキレイです。

あとはネジのゆるみやチェーンなどの調整などを整備して、最後に洗車をします。

ホイールにはブレーキパットの削れた汚れが付着しているので黒から灰色に⇩

ホイールは中々磨きにくいので地道に磨いて、なんとかキレイになりました⇩

外した外装も洗ってキレイに⇩

これで作業終了。

あとは陸運局に持込、検査して問題なければ車検が全て終了になります。