• バイク紹介

速い遅いを超越した存在【SR400】

社長 河野
更新日

速さを求めるばかりがバイクとは限らない

最近のバイクの進化は実に素晴らしいものがありますよね。様々な電子制御に軽量化された車体。簡単に安全にすごいパワーを体感できます。デザインも実に未来的ですよね。

でもバイクはひたすら【速さ】を求めるためだけのものなのでしょうか。もちろんサーキットを走ることを考えればそうなのでしょうが、しかし、それが活かせる場面は、私たちが使う一般的な道路ではごくわずかです。

また一方でバイクの【力強さ】や【加速する喜び】は、オートポリスの直線のようなトップスピードばかりでしか味わえないわけではありません。例えば街の交差点を通過する程度の速度でもそれは実感できます。

SR400は遅いバイク・・は本当か?

そこでご紹介する【SR400】というバイク。

搭載した単気筒エンジンは、大きなピストンひとつで力を生み出すために高回転域のパワーにとぼしい、ゆえにSRは遅いバイク、と思う人が多いようです。

ところがSR400の単気筒エンジンは、決してそうではありません。ある特定の速度域にターゲットを絞ってエンジンが楽しめるようにしてあるからです。

例えば県道、国道などの日常的に使う道路。そういった場所ではアクセルに対して即座に加速に入れるトルク感、またクルージング時の鼓動が重要ですが、そういう場面ではむしろ力強さを感じます。

それに加えて車体も軽量な部類に入るので、ツーリングにおいてもワインディングあたりでは十分に速い、また市街地ならばリッターバイクより機敏な走りも期待できます。

私たちもSRを所有していました。

実は私の嫁がSRを所有していた時があったので、一時期はツーリングの先導などに使っていました。だからこそ思うのですが、SRは十分に走ります。

オフロードバイクのような軽快さとトルク感があって乗ってて楽しいのです。

高速道路を長時間走り続けるのでなければ、大型バイクを引き連れての走行もできるわけです。

深いカスタマイズの楽しみ

さらに長い歴史があるがゆえに、様々なカスタマイズの楽しみがあるのもこのバイクの特徴のひとつ。セパレートハンドルを組み込んだ「カフェレーサー」などはそんなカスタムを代表するスタイルです。

最新のバイクと違い、シンプルな車体はオーナー自らが腕をふるってカスタムすることを許す隙を与えてくれます。

雨などで乗れない日が続くときは自宅ガレージでカスタム&メンテナンス。それもSRオーナーの楽しみなのです。

ブログ SR400カスタム

SRならではの世界観

たとえばSRにはSRの世界感があり、ヘルメットなども一般的なフルフェイスではしっくりこない部分もありますよね。

少しクラシックな雰囲気が欲しいところに最新のハイスペックなフルフェイスは似合わないので、例えばジェットならSHOEIの【JO】などはいかがでしょう。

スモークなどに交換もできるインナーシールド付き、帽体は単色だけでなくグラフイックモデルも様々に用意されております。

また安全性をお考えでフルフェイスなら同じくSHOEIの【EX-Zero】もおすすめです。

 

ようこそ、速い遅いを超越した深いバイクの世界へ

バイクを選ぶときにその性能などカタログのスペックに目が行くのは当然のことですが、ハイパワー=すべてのライダーにとって最高の結論というわけではありません。

SR400は、けして高スペックなバイクではありませんが、想定されたフィールドに限っていえば他のバイクに負けないものを持っている。だからこそ40年以上の歴史を作ることができたのでしょう。

 

さてSR400は大分県唯一のヤマハ専門店YSP、のYSP大分で販売しております。アフターサービスの安心さは正規ディーラーならでは。カスタマイズもぜひご相談ください。

 

SR400

572,400円 [消費税8%含む] (本体価格 530,000円)
※10月入荷分より消費税は10%になります。