• バイク紹介

【XSR155】

社長 河野
更新日

155ccのXSR 【XSR155】

車体は軽い印象

インドネシア生産車であるXSR155が届きました。

こちらはヤマハが正式には国内販売をしていないモデル。諸事情で取り寄せました。

外観の大きさはそこそこあり、兄貴分の700あたりと間違えそう。

その割に車体はかなり軽いんですよ。

取り回しがよさそうなので毎日通勤などで乗る用途にもよさそうですね。

ヤマハの技術ブルーコアエンジン

この車両、155ccの水冷単気筒エンジンを搭載しています。

エンジンはVVA(可変バルブタイミング)搭載、

いわゆる「ブルーコアエンジン」でよく走るのだそうです。

燃費がよいことでも知られています。

エンジン音は動画でどうぞ

謎のステーの正体

ライトの下側にステーが出ているのを発見。

聞くと海外ではここにはナンバープレートがつくのだそうです。前にもナンバーがあるのか。

ライトは丸型のLEDになっています。

タックロール風セミダブルシート

シートはビニールレザーですが表面が革のような質感に加工されてます。

ただ座った感じ、見た目よりシートはやや硬めな印象です。

足回り関係

タイヤは、IRCのGP211F/Rが前後に装着。

フロントフォークは倒立フォークでしっかりした感じです。

まとまりのある印象

タンク部分、兄貴分はアルミなのですがこちらは塗装仕上げですね。

全体に海外生産らしいレベルの仕上げではありますが、落ち着いたネオレトロスタイルです。

新たな選択肢

落ち着いたデザインで速さを求めずにバイクを楽しみたいという方には、

このXSR155はよい選択肢かもしれませんね。

さてXSR155は海外並行輸入モデルのため、

通常の国内モデルと違い販売にはいくつかご注意いただきたい点がございます。

くわしくはお問合せください。