レンタルバイク

当店は10年以上の長い実績を持つレンタルバイク営業店です

レンタルバイク一覧

バイクの空き状況、レンタル料金の確認は、各バイクの「空き状況を見る」ボタンを押してください。ヤマハレンタルバイクサイトを開きます。

どんな時にレンタルバイクを利用すれば?

バイク現地調達で九州を楽しむ

九州はバイクで走るのに魅力的なワインディングや雄大な景色がたくさん存在するバイク天国。

でも九州に住んでいなければ、気軽に自分のバイクで訪れる事なんてそうそうできないですよね。

ですが飛行機、電車などの交通機関で現地入り、バイクはレンタルを現地調達すれば気軽に楽しむことができます。

バイクを手放してしまったがツーリングには行きたい

お金が必要だったから、駐車スペースがないので・・など

様々な事情でバイクを手放さなくてはいけないことはあるものです。そういう方こそレンタルバイクで楽しんでみてはいかがでしょう。

まだバイクを所有しているこれまでのバイク仲間とのツーリングをもうあきらめる必要はないのです。

バイク購入の検討に

免許はとったけどどんなバイクが自分にあうかわからない、

また購入するバイクはおおよそ決まっているのだけど、最後に一度乗ってから決めたい、など、そういう方こそレンタルをご利用ください。

レンタル方法

レンタルバイクの特徴

大分県の自然と美味しい食事、人柄の良さに触れて頂くにはバイクツーリングで!
また購入前の試乗を兼ねてどうぞ!

安心の補償制度

全車任意保険に加入済み。126cc以上はロードサービスも付帯しています。

快適ツーリング

126cc以上はETC標準装備。USB電源ソケットなど便利なツーリングオプション装備。

ご希望の方には39Lのトップケースを無料で装着できます(※一部非対応)

レンタルの流れ

  • 専用サイトで事前予約が必要です。レンタル料金も確認できます。
  • ご利用には、Webページから会員登録(無料)が必要です。
    料金の確認までであれば登録は不要です。
  • バイクをレンタルしたい方は、会員登録後、日時・車種を選択し予約申込みしてください。
  • 料金、予約変更・キャンセル、保険・保証についても専用サイトにまとめております。

今日急に借りたい! 利用当日に予約するながれ

レンタルバイクは基本、数日前までにウェブサイトからご予約をいただくシステムになっております。

ですが思わぬ天候の良さに、急にバイクで走りたくなったということもあるでしょう。

当店が営業日であり、なおかつレンタルのバイクが空いている場合に限りレンタルをすることができます

1. ヤマハバイクレンタル ホームページよりすぐ会員登録

スマートフォンから会員登録をお願いします。

2. 当店にお電話をください

お名前(フルネーム)、借りたいバイク、期間をお知らせください。

(こちらから予約手続き作業をいたします。)

3. 指定のお時間にお越しください

クレジットカード、免許証をお忘れのないようお越しください。

Q&A よくある質問

レンタルバイクはどうやったら利用できますか?

未成年でもレンタルできますか?

未成年の方はご利用いただけません。

予約は電話でできますか?

2日前までなら専用サイトからお申込みできます。
希望日の前日や当日は直接店舗にお問い合わせください。

キャンセルする場合、レンタル前日の場合は料金の50%、当日の場合は料金の100%をお支払いいただきます。

支払い方法はクレジットカードのみですか?

はい。
出発時に「ご利用される本人名義のクレジットカード」でお支払いいただきます。

任意保険に加入していますか?

対人・対物無制限・搭乗者障害特約(500万円)に加入しています。
※対物賠償保険は免責金額5万円

車両保険に加入していますか?

加入していませんが、排気量に応じて修理代金の限度額(免責金額)を設けています。
免責免除オプションを設定できます。

営業補償に対応する安心補償オプションも完備

当店からのおすすめルートをご紹介

九州大分県に来たら、阿蘇や久住はバイクでぜひ走っていただきたい場所です。雄大な景色と、適度なカーブが楽しめる道路は九州ならではのもの、ライダー魂をきっと満足させてくれることでしょう。もちろんそれ以外にも楽しめる場所がいっぱい。大分市内にある当店YSP大分から、おすすめルートをいくつかご紹介してみましたので、ご参考になればと思います!

当店(レンタル貸出受付場所)までのアクセス

当店は大分市賀来医大バイパス沿いにあり、大分インターチェンジより車でおよそ10分ほどの場所あります。

また県外よりお越しの方は、大分空港からなら高速バスで大分駅へ、

そこから路線バス(大学病院行)へお乗り換えとなります。

※関連記事をご覧ください

関連記事